新着情報NEWS

転倒防止のためのピラティス2019.11.22ピラティスコラム

Pocket

ボディコントロール本部から来日のフィリッパ先生の講義、

「転倒予防のためのピラティス」を受けてきました。

高齢の転倒は骨折、寝たきり、死亡につながるきっかけとなるため、

予防することがとても大事です‼︎

そして、そのためにはピラティスはとても有効である、という内容でした。

と言っても、もともとボディコントロールのピラティスは身体の機能を引き出すためのメソッドなので、

すごく特別なことをやったかと言えば、そうでもありません。

エクササイズのヴァリエーションで増えたのは、

立ってバランス強化を行うもの、様々なスタイルで歩くこと、

それから、転んでから起きるために、立っている状態から床に寝るまでの動作(逆に動作)、など。

特に、立って行うゆっくりとしてた重心移動に

太極拳のエッセンスを取り入れているところが面白かったです^ ^

ただ、クラシカルピラティスをメインに行なっている方、

なんの苦もなくできてしまうお若い方に、

単純な立位での左右の重心移動がどれだけ大事か、

単純なランジ、四つ這いからの立ち上がりに、どれほどの深い意味を取れるか、

それを考えながらレッスンに落とし込める方が、どのくらいいるだろう、、、と、

勝手ながら考えていました。。。。

 

やはり、膝の悪い方、股関節の手術をした方など、

リアルに転倒・骨折後の状態を知っている身では、

本当に、本当に大事だと思うのですが、、、。

みなさんも、重心移動からの片足立ち、きちんとできますか⁈

 



  • LINE@
  • Instagram
  • Twitter
  • YOGA ROOM
  •  Studio Puerta
  • Relily baby
  • Junko 日々のつれづれ